システム開発事業 紙関連システムの開発、販売、運用保守

EDI受注サブシステム(流通BMS対応)

受発注データの集配信と、PROTS(基幹システム)の受発注業務を連携させることで、取引業務を効率化し、現場担当者様の業務負担を軽減できます。

 

 

【システム構築イメージ(JX手順)】

このようなお悩みがあるお客様におすすめ

取引先様から、流通BMS(JX手順)でのデータ交換をして欲しいと求められている。

2024年初頭に、公衆回線網の廃止を聞いたが、自社の商取引・EDIシステムに影響があるのか知りたい。 

EDIソフトは導入済みだが、伝票の2度打ち業務が発生しており、現場担当者の負担を減らしたい。

電話での聞き間違いや、FAX受注分の転記ミス等による誤手配をなくしたい。

EDI受注サブシステム(流通BMS対応)の特長

本サブシステムは、経済産業省が設立した「流通システム標準普及推進協議会」が定める流通BMSの
 技術仕様に適合しております。

多彩な通信手順(JX手順、JCA手順、全銀TCP/IP手順、全銀BSC手順)に対応しています。
 もちろん、紙パルプ業界の標準EDI(カミネット)での通信も可能です。

各種メッセージは、データ通信サーバ(JFTServer)と基幹システム(PROTS)を連携させることで、
 基幹システムの伝票データとして、登録ができます。(伝票発行2度打ち業務の廃止!)

通信の成否判定や、履歴確認(5日間保持)は、お客様自身でも確認ができるように、通信処理の見える化を
 実現しました。問合せ画面を通じて、いつでも確認が可能です。

データ通信サーバ(JFTServer ※)は、ホスティングで構築・運用しますので、現場へのサーバ導入は
 不要です。また、パソコン入替時もEDI受注サブシステムは、継続運用が可能です。
 ※JFTSeverはTOKAIコミュニケーションズ社の製品です。

Hinemos(スケジュール管理ソフト)と連携することで、集配信処理の自動化も可能です。(オプション機能)

 

システムのご検討、導入では、取引先のシステム仕様書に基づき、個別の設計・開発が必要となります。
詳しくは弊社営業担当またはお問い合わせよりご相談ください。